ハズキルーペと老眼鏡の違い│ハズキを売らない優良メガネ店?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

昨年来のCM界における話題作と言えば、なんといっても「ハズキルーペ」です。

「ハズキルーペ売っていますか?」
「宣伝しているのに何故、細井さんはハズキルーペを取り扱っていないの?」
「ハズキルーペってどうなんですか?」などなど、
ほぼ毎日のように尋ねられます。

ハズキルーペ売っていますか?

ハズキルーペは取り扱っておりません

実際、板橋区でハズキルーペを取り扱っていないメガネ屋はほとんどないそうです。確か、初期のころの石坂浩二さんCM時代には”全国有名百貨店・メガネ店にてお求めください”とありましたね。今では”全国有名百貨店・優良メガネ店”だけでなく、家電量販店やホームセンターなどで幅広く販売されています。「ハズキルーペ」さんからも何度も取扱いのお誘いを受けております。優良メガネ店の自信がなく辞退している訳ではありません。熱心さに本当に頭が下がりますが、残念ながら今後もお取り扱いする予定はございません。

ハズキルーペと老眼鏡の関係

最近のものではありませんが、ハズキルーペの取扱説明書には「正しい度数の眼鏡の上に重ねてお使いください」と記されてます。つまり老眼の度数の違った眼鏡や裸眼でおかけにになっても効果は薄いのです。
CMでは俳優さんが裸眼の上からかけて「よーく見える!」って宣伝してますので、皆さん鵜呑みにされていますが、正しい使い方をされるのは面倒ですし、二つ重ねますので 結構、重く煩わしいものです。

当店では まずは「正しい度数の老眼鏡」をお使いいただくことが大切と考えておりますので、安易にハズキルーペの類をお勧めしていないのです。しっかり検眼していただき、正しい度数のレンズに交換されることが重要です。そのうえで40歳以上の方は「年代に合った照明の使い方」を実践していただければ、ほとんどの場合、ご不自由はございません。

「ルーペ」はそれでも眼鏡だけでは見えない場合の「最終手段」とお考えいただくとよいでしょう

近くのものが見えにくいという様な見え方の不具合がある場合は
① きちんと視力検査をしてもらう。
② 正しい度数の眼鏡をかける。老眼鏡や遠近両用メガネなどです。
③ 眼鏡をかけても見えずらい程の細かい作業の場合は併せてハズキルーペを使う。

ハズキルーペは眼鏡を補完する雑貨です。

ハズキルーペと老眼鏡の違い

共に近くのものを大きくして見るという点では大雑把に言えば同じで、区別なしで使っている方が多いのではないかと思われます。事実、ハズキルーペと既製老眼鏡では語るべき違いは見つかりません。どちらもメガネの形をしていますが雑貨です。

ハズキルーペと正しい度数の老眼鏡には明確な違いがあります
目の位置も合わせますし、乱視がある場合は矯正もしますからピントがきちんと合います。その方のオリジナルなのです。

そうは言っても現実には、
「正しい度数の老眼鏡を作りにメガネ屋に行くのは億劫である。」
「第一、巷の優良メガネ専門店だって、ハズキルーペだけでなく既製老眼鏡もたくさん売ってますよね。」
本当にその通りです。
「メガネ専門店でも既製老眼鏡を売っているのだから適当に見えるのを買えば良い」と消費者が思うのはごく自然です。

この方は検眼して正しい度数の老眼鏡をつくりましょう。
この方には検眼なしで既製老眼鏡やハズキルーペを売りましょう。

どうやってその差をつけていらっしゃるのでしょう。当店ではとても無理です。
なので、当店ではハズキルーペだけでなく、残念ながら既製老眼鏡も取り扱っておりません

ハズキルーペの正しい使い方

しつこいようですが、もう一度整理しておきます。

1.正しい度数の眼鏡の上に重ねて使う
2.眼鏡だけでは見えない細かい作業などに短時間使う

2番目の項目も重要です。当店でもプロ用の両手が使えるメガネ型ルーペを作業時に使うことがありますが、必要最小限にしています。例えば、絡まってしまった細いネックレスチェーンを解す作業やごく小さなネジを取り扱う作業などです。こういった作業には両手が自由に使えるメガネ型ルーペはとても便利です。普通の書類などでルーペを使う必要性が生じるのはもっと年齢が上がってからでしょう。

何かご不明の点がございましたら ご来店いただければ、さらにくわしくご説明させていただきます。
また、見え方の不調・お悩みなどございましたらぜひご相談ください。

記事中の「年代に合った照明の使い方」については、次回以降の記事で取り上げたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

WordPress コメントの投稿者 へ返信する コメントをキャンセル

*

CAPTCHA